部品加工依頼の「い・ろ・は」

部品加工を依頼する図面に描く『穴』は3種類

Share on Facebook
Pocket

部品加工を町工場に依頼する時、できれば図面は手書きでいいので用意しておきたいということとその書きかたの基本を前回記事で書きました。

 

今回はとりわけ『穴』の種類について言及します。

部品に開けられる穴には大きく3つの種類があるということ。

それを理解して、加工屋さんに伝えておくことが大事です。

 

スポンサードリンク

 

キリ(ドリル)で開けるだけのバカ穴と言われる『穴』

個人依頼において、穴加工のところで「適当にお願いします」って言われることがあります。

これは、もう「バカ穴」でいいんだなって解釈を加工屋はするでしょう。

 

そこになにかきっちりした物がはまり込むとかではなく、ただ穴が開いていればいいんだねってこと。

 

ここで言う「バカ穴」とは、いわゆるキリ(ドリル)でズコッと開けた穴のことを指します。

『穴なんて、どれもキリで開けるもんじゃないの?』

そう思いますが、穴の開け方も色々あります。

 

大きな穴になると、レーザーやウォーターカッターで切ったり、最初に小さめのキリで開けた後に他の機械を使って穴を広げていくとか、刃物で切り落とすとかね。

 

でも個人でお願いする小さな部品加工のバカ穴はキリで開けるのがほとんど。

図面には「Φ8キリ」なんて書き方をします。

 

※「Φ」はファイとかパイと読み、直径という意味です。半径は「R」で表記します。

 

もちろん、深さを指定する時には「深さ10」とか「貫通」とか付け加えればOKです。

何も明記しない場合は「貫通」とみなします。

 

図面に記載する寸法数字には特別長さの単位は記入しません。
寸法単位は全て「ミリ」が基本であり、センチメートルでもメートルでもありません。

 

キリ穴の用途は空気穴、ボルトを通すための穴やその他精度が不要な穴に適用します。

sample

 

 

 

ボルトで留めるためのザグリ(座ぐり)穴、皿ネジで留めるための皿モミ穴

バカ穴には他にも種類があり、六角レンチドライバーで締めこむネジの頭部分を沈めるタイプの穴があります。

こんな感じです。

引用元:www.sonic-eng.co.jp

 

要するに、キリで開けたバカ穴の上にさらに大きめの穴を一定の深さまで加工した穴です。

図の左側をザグリ穴、右側を皿モミ穴と呼び六角穴が付いたボルトや皿ネジで留める時にネジの頭が固定部から飛び出さないようにするための加工方法です。

 

個人依頼される方の中には「ネジ留め穴の加工をお願いします」って言われることがありますが、ただのキリ穴で良いのか、ザグリ穴にするのか不明なんです。

そこをちゃんと指定できると、加工屋もやりやすいってわけです。

 

その時、注意しておきたいのはどのサイズのネジを使用するのかってことを伝えておきましょう。

一般的に使うネジの多くはM(メートル)ネジと呼ばれるもので、ホームセンターなどに行っても売っていますのでよく見てくださいね。

表記はM6、M8、M10とか色々あり、数字が大きくなるほど、ネジのサイズが大きくなります。

そして、ボルトの頭の大きさもサイズによって規格で決まっているため、加工屋さんに「M8用のボルト穴をお願いします」って言えばわかります。

 

※ボルト穴っていうのは、ザグリ穴と同じ意味です。

 

他にもネジの種類はたくさんありますが、ここでは話の筋がズレてしまいますので割愛しておきます。

 

 

 

「はめあい」が大事になる精度の高い穴

穴にも色々あって、シャフトなど棒状の軸をはめる穴もあります。

そんな穴は軸を入れた時にあまりにガタガタだと困るんですね。

 

やっぱり、軸がはまった時に「あそび」が少ないキチッとした穴が必要になることもあります。

こうした寸法精度の高い穴の加工はキリ(ドリル)では難しいのです。

ボーリング加工、放電加工などで寸法精度を出しますが、当然、加工代は高くなります。

(加工の内容は別にどうでもいいです)

 

このように穴と軸のはめ具合のことを「はめあい」と言いますが、はめあいにも種類があって軸を穴に入れた後に軸をスライドさせたり回転させたりすることがある場合、軸を穴にはめた後は動かすことも外すこともない場合の大きく2つに大別できます。

 

前者を「隙間ばめ」、後者を「しまりばめ」と呼び、隙間ばめでは穴の径が軸の径よりも大きく加工し、しまりばめでは逆に穴の径を軸の径よりも小さく加工します。

 

 

個人依頼において大事なことは、自分が必要としている穴の用途を加工屋さんに伝えることができるかどうかです。

隙間ばめ、しまりばめっていう穴の種類があるんだよってことを知っていればよくて、どれくらいの精度でつくらないといけないとか細かいことは加工屋さんと直接相談するべきでしょう。

 

無理に超高精度の穴加工を要求したところで、そもそも加工ができるかどうかも分かりませんし、精度の高い加工になればなるほど加工代金は高騰します。

「こうゆう用途に使いたいんだけど」って相談すると、その加工屋さんで対応でき得る方法を提案してくれる可能性だってあります。

 

『ちゃんと指示できないなら無理無理!』

 

もしも、あなたが相談したところがこんな感じの対応をされる加工屋さんだったなら、そもそも個人依頼は向いてない企業なので別を当たるべきかと個人的には思います。

って当たり前か。

 

 

タップ加工で開けるネジ穴

 

タップってダンスのことじゃないですからね(笑)

 

タップとはネジ穴加工のことです。

先ほど、ボルトネジを留めるための穴(ザグリ穴)について書きましたが、ザグリ穴は言わばボルトを入れるための穴。

ネジ穴はボルトを締めるための穴です。

 

ちょっと文章で説明しにくいな・・・

ま、分かりますよね!!(^^;)

なので、ネジ穴の加工をしてほしい時には、例えば「M8ネジ」と図面に書いておけばよいのです。

もちろん、深さ指定をしたい場合は「深さ10」とかを追記してください。

何も書かない場合は、貫通とみなします。

貫通できないような深さだと、別途、加工屋さんから問い合わせがあると思いますので、できれば使用するボルトやネジの長さを測っておきましょう。

 

 

まとめ

穴を開けると言っても用途によって、その加工方法や寸法精度というのは様々です。

自分が何に使うのかをしっかりと加工屋さんに伝えておけば、後から「違う!」とか「追加工お願いします」なんてトラブルや余計な費用が発生しなくて済みますので気をつけておきたいところですね。

 

穴やネジ加工というのは、結構トラブルの多い加工になりますのでご注意を!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook
Pocket

平野製作所


部品加工の相談・依頼に柔軟に対応します。
有限会社平野製作所

-部品加工依頼の「い・ろ・は」
-